病院でも被害が出る!医療機関での鳩対策 病院でも被害が出る!医療機関での鳩対策

鳩対策が必要になる病院~患者に与える影響と懸念点~

鳩対策は医療機関である病院でも必要

病院

様々な場所に鳩は出没します。しかし、医療機関である病院では、患者やスタッフを守るためにも鳩対策を行っていく必要があります。

病院にいる鳩

見ている分には可愛らしく感じる鳩ですが、実は鳩によって様々な被害を受けることがあります。そして、鳩から受ける被害の中でも、恐ろしいのは健康被害です。鳩の糞は様々な菌を保有しており、感染症の媒介となる可能性もあります。このため、病院などの医療機関では患者の健康を守るためにも鳩対策を行う必要があるのです。

患者に悪影響を及ぼす

糞害
鳩の糞は、直接触れなくても病気を招く恐れがあります。鳩は至るところで糞を落としますが、この糞が乾燥していると菌などが風に舞ってしまい、人の口の中に入って気管支炎などを引き起こす場合があります。免疫力が落ちてしまっている患者にとって、このような菌が感染してしまうとより大きな健康被害へと繋がってしまう可能性があるのです。
騒音被害
鳩が与える影響は糞害だけではありません。騒音被害が起こる可能性があるのです。鳩の鳴き声はもちろん、飛んでくる時の羽の音が気になる方も中にはいらっしゃいます。それから、騒音被害が出ると入院中の患者は安定した眠りに就くことができなくなってしまいます。鳩の騒音により睡眠時間が減少すると生活リズムが狂ってしまうだけではなく健康にも悪影響を及ぼします。

業者による鳩対策が求められる

病院では屋上で鳩の姿をよく見かけます。鳩駆除の方法として、防鳥ネットやワイヤーなどを使って撃退しようと考える方も多いかと思いますが、鳩対策は素人では難しいです。なぜなら、鳩は産卵を1年で5、6回も行い、全て同じ場所で産むという習性を持っています。このため、一度追っ払ったとしても再び住み着いてしまうのです。

病院側がやるべき鳩対策~患者の命を守る使命~

病院側は患者の命を守るためにも、鳩対策をしっかりと行っておかなくてはなりません。では、どういった対策を行えば良いのでしょうか?

鳩対策後の疑問

鳩対策後は、病院側でも何か対策をした方がいいですか?
鳩、特にドバトという種類の鳩は帰巣性が強く、一度追い払ったにも関わらず、またすぐに戻ってきてしまいます。このしつこい習性はなかなか治すのも難しく、例えばプロの業者が一度追い払ったとしても、再び戻ってくる可能性は十分にあります。そのため、病院側がすべき対策は、環境を変えるということです。鳩にエサをあげないよう患者に注意するなどしないと本当の解決には繋がりません。

患者第一で考える

病院の職員は毎日の職務が忙しく、ついつい鳩対策は後回しにしようと考える方も多いかと思います。しかし、鳩による被害は患者の健康を脅かしてしまうものでもあります。患者への健康の悪影響が及ぶかもしれないということが考えられるため、「患者第一」である病院側は、迅速に鳩対策を行っていくことがポイントになります。

TOPボタン