病院でも被害が出る!医療機関での鳩対策 病院でも被害が出る!医療機関での鳩対策

プロが行う病院向けの鳩対策方法を把握しよう

業者が行う鳩対策4つ~病院でも安全に設置可能~

作業員

病院で鳩対策を業者に依頼すると、どのような対策が行われるのでしょうか。設置される対策をご紹介します。

業者の完璧な作業

鳩は、一度気にいった場所に対して身の危険を感じても離れようとはしません。病院のベランダは、猫やカラスなどが侵入せず、雨も凌げるため鳩にすれば最適な場所です。素人が設置した鳩よけのネットだけでは隙間から侵入されてしまいます。そのため、鳩対策は鳩の習慣を熟知していることが重要です。鳩のことを知り尽くした業者なら、習慣に合わせて最適な対策を提案します。

病院に設置できる鳩対策

ネット
病院で鳩対策として設置しやすいのがネットです。鳩がギリギリ通ることができないネットなので、侵入を防ぐことができます。また、耐候性が良く、目立ちにくいネットも多いので、景観美を気にせず設置することが可能です。
スパイク
スパイクにはステンレス製と樹脂製があります。剣山となっているので、鳩が入りやすい隙間に設置すれば物理的に侵入を防ぐことができます。また、鳩対策グッズを止まりやすいところに設置することで、鳩が羽根休めとして止まることを防ぐことができます。
電気ショック
電気ショックを鳩がきてほしくない場所に設置することで、近付いてきた鳩に電流が一瞬流れます。するとその痛みから危険を感じて近付かなくなります。痛みは静電気ほどの微量なので、鳩や人間に大きな危害はありません。
ワイヤー
ワイヤーはベランダや屋根、手すりなどに一定の間隔で支柱を立てます。そこにワイヤーを2本張ることで、鳩の着地を防げます。主に鳩が来始めた時や、鳴き声がうるさいという問題解消に有効な鳩対策グッズになります。

糞の清掃で病院の清潔感アップ

鳩対策は業者で防止を行うと約7~8年間は再飛来を防ぐことができます。また、病院の衛生面を考え、防止と一緒に糞掃除もしましょう。業者によっては簡単な掃除や消毒洗浄のサービスも行っているので、活用すると便利です。  

TOPボタン